アナリティクス

【初期設定必須】Googleアナリティクス4で自分のアクセスを除外する設定

2021年3月2日

rick

rick

技術がないから、人脈がないからと一歩踏み出せないフリーランス・独立したい人向けのサイトを目指しています。
新卒で未経験でプログラマ→サッカースクールの運営補助→ホームページ制作→子供ができ独立
「プログラミング」「学習法」「独立・フリーランス」についての記事を公開しています。

この記事でわかる

  • WEBサイトで自分のアクセス数をカウントしたくない
  • 自分のアクセス数をカウントしない方法はあるの?
  • Googleアナリティクス4で正確なアクセス数を把握したい
  • Googleアナリティクス4でやっておいた方がいい設定は?
ねこくん
Googleアナリティクス4で自分のアクセスも入ってしまうんだよ

自分のアクセスを入れない方法があるんだよ!
りく

WEBサイトにGoogleアナリティクス4を導入して、より正確なアクセス解析がしたいですよね。

でも、Googleアナリティクス4をただ単に登録しただけでは、正確なアクセス解析ができません。

なぜなら、そのホームページを自分が見たときにアクセス数がカウントされてしまうからです。

偽りの数字で一喜一憂したくないので、アクセスの水増しを避けたいですよね。

そのアクセスの水増しを避ける方法がPCで2つ、スマホで1つあります。

それでは、始めていきましょう!

 

Googleアナリティクス4で自分のアクセスを除外する理由

Googleアナリティクス4で自分のアクセスを除外しておきましょう。

理由は、記事投稿や確認などでアクセスした数が入ってしまい、実際のPV数やユーザー数が測りにくくなるためです。

PV数が100あったとしても、自分で50ぐらいPVカウントされてたら意味が変わってきますよね。

なのでGoogleアナリティクス4を導入する際には、初期設定として自分や関係者(自社、制作会社など)のネットワークからのアクセスを解析対象から除外する必要があります。

 

 

Googleアナリティクス4で自分のアクセスを除外する方法

Googleアナリティクス4の初期登録ができているという前提で始めます。

この方法は複数人でWEBサイトの管理をする方にオススメです。

 

IPアドレスを指定して除外する方法

1.管理を開く

①Googleアナリティクス4管理画面のサイドメニュー『管理』をクリック

 

2.データストリームを開く

①プロパティの『データストリーム』をクリック

 

3.ウェブを選択してウェブストリームの設定を開く

『ウェブ』をクリック(WEBサイト以外はそれ以外を選択してください)

 

4.ウェブストリームの設定

『ウェブサイトのURL』は除外したいウェブサイトのURLを入力(例: sample.com)

『ストリーム名』は任意の名前で入力(例:ウェブサイト)

『ストリームを作成』をクリック

 

5.ウェブストリームの設定ができたら、タグの設定をする

『タグ付の詳細設定』をクリック

 

6.ウェブストリームの設定ができたら、タグの設定をする

『Define internal traffic』をクリック

※なぜかここからは英語になってます。

 

7.フィルタ条件を作成します

『作成』をクリック

 

8.フィルタ条件を設定します

『Rule name』は任意の名前を入力(例:IP除外)

『traffic_type value』は「internal」を入力

『Match type』は「IP address equals」を選択

『Value』は自分のIPアドレスを入力(例:999.999.999.999)

※IPアドレスはラッコツールズ工房さんの「IPアドレス確認」で調べられます。グローバルIPアドレスが自分のIPアドレスです。

『作成』をクリック

 

9.フィルタ条件が設定できたらデータフィルタを開きます

『データ設定』をクリック

『データフィルタ』をクリック

③先ほど設定したフィルタをクリック

 

11.データフィルタを有効にする

『フィルターの状態』を「有効」にする

『保存』をクリック

 

 

Chromeプラグインを使って除外する方法

自分1人だけならGoogleアナリティクスの機能を拡張させるためのソフトである 「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」を導入する方法もあります。

使用しているブラウザごとに設定する必要がありますので、複数人や複数ブラウザ使用する方にはむかないです。

 

1.「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」ページを開く

 

 

2.『Chromeに追加』をクリック(Chromeの場合)

 

 

スマホでもgoogleアナリティクスのアクセス除外する方法

スマホではWi-Fi接続せずモバイル回線の場合、上記の方法ではIPアドレス除外ができません。

理由はモバイル回線のIPアドレスは定期的に自動変更されるため、IPアドレスを固定できないからです。

でも安心してください!

Googleアナリティクスの対象ユーザーにしないアプリがあります。

 

【 iOS(iPhone,iPadなど)ユーザー】

 

【Andoridユーザー】

 

これらのアプリを導入する際、初期設定が必要な場合がありますのでご注意ください。

 

 

アクセス除外ができてるか確認する方法

『リアルタイム』でユーザーが0(ゼロ)になっていたら設定ができています。

もし、数字が出てしまったら「IPアドレスを指定して除外する方法」か「Chromeプラグインを使って除外する方法」を確認してみてください。

すでに公開していると設定できているか確認するのは難しいです。

 

 

【初期設定必須】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定:まとめ

以上のステップでGoogleアナリティクスにおける自分のアクセスを除外する設定ができます。

この設定をすることで正確な数値を解析できるようになります。

もしうまく動かなかったら、「IPアドレスを指定して除外する方法」か「Chromeプラグインを使って除外する方法」を確認してください!

慣れるまでは何回も見ることをオススメします!

 

 

  • この記事を書いた人
rick

rick

技術がないから、人脈がないからと一歩踏み出せないフリーランス・独立したい人向けのサイトを目指しています。
新卒で未経験でプログラマ→サッカースクールの運営補助→ホームページ制作→子供ができ独立
「プログラミング」「学習法」「独立・フリーランス」についての記事を公開しています。

-アナリティクス

© 2022 rickblog | フリーランス・Webに役立つ情報サイト